「三浦春馬で見たかった」ディーン・フジオカ『青天を衝け』 | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 「三浦春馬で見たかった」ディーン・フジオカ『青天を衝け』で五代友厚

「三浦春馬で見たかった」ディーン・フジオカ『青天を衝け』で五代友厚

「三浦春馬で見たかった」の声も…ディーン・フジオカ『青天を衝け』で五代友厚
socialfill

 9日、NHKが14日から始まる俳優の吉沢亮さん主演の大河ドラマ『青天を衝け』に、俳優のディーン・フジオカさんが出演することを発表した。
 
 ディーンさんが演じるのは、ディーンさんが日本で広く認知される出世作ともなった、2015年のNHK連続テレビ小説、いわゆる朝ドラの『あさが来た』で自身が演じた五代友厚(五代才助)だという。
 
 「2015年の朝ドラ『あさが来た』では、その美しい顔立ちや凛とした佇まいから“五代様”のキャッチフレーズでディーンさんは親しまれましたね。
 
 物語の途中で五代が亡くなりディーンさんの姿が見られなくなると“五代ロス”と言われる社会現象にまで発展しました。

 ですから、今回の『青天を衝け』での再びの五代役の報せには『また五代様が見られるなんて!!!』『これは朗報!』と歓喜する声が多く聞こえてきています。
 
 一方で、『もし、とかタラレバは、いけないのだが春馬さんが生きていたなら春馬さんの演じる大河ドラマでの五代さんも見てみたかった』と、現在公開中の『天外者』で同じく五代友厚を演じている三浦春馬さんのことを想起する声も多いですね。