» 高橋英樹「引退」真相…俳優業の実情と本音
Uncategorizedカルチャースポーツ社会

高橋英樹「引退」真相…俳優業の実情と本音

高橋英樹「引退」真相…俳優業の実情と本音
socialfill

 俳優業に見切り?意欲はみせるも本音は「やれる役ない」は事務所移籍の真相か?

 俳優の高橋英樹(76)が、俳優業を引退するのでは?とした記事を「週刊女性PRIME」が報じた。

 高橋が出演したドラマや、映画の衣装や、記念品などデビューからの足跡とも言える品々を処分したことに触れ、一部関係の中で「俳優業の引退」について囁かれていると綴った。

 同報道では、本人に直撃取材を敢行しており、高橋は「オファーがあれば当然、受ける」と引退については否定するも「われわれ世代が出演できる作品、やれる役のあるドラマや映画が今は少ないですから」「俳優の仕事がなかなかない」と俳優業の実情を明らかにしたという。

 この報道に「個人的には桃太郎侍が大好きだった」「時代劇のお仕事はなかなか少ないかも」「高橋英樹さんは殺陣が本当に上手い」「時代劇を新たに、というのは少ないよね」など、高橋英樹の魅力は時代劇とみる声も多く、同時にその活躍の場が少ないと推察するコメントも。

 ただ「確かに最近バラエティばっかり」「親娘揃ってバラエティで活躍してるけど」「英樹と真麻のコンビ芸はまだまだ観たい」など、娘であるフリーアナウンサーの高橋真麻と共にバラエティに出ているイメージも定着している様子。

「事務所移籍は俳優業の引き際を考えたから?」