» JRA「女性騎手2人」藤田菜七子超え確実な理由…アノリーディング厩舎へ
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • JRA「女性騎手2人」藤田菜七子超え確実な理由…アノリーディング厩舎へ

JRA「女性騎手2人」藤田菜七子超え確実な理由…アノリーディング厩舎へ

JRA「女性騎手2人」藤田菜七子超え確実な理由…アノリーディング厩舎へ
socialfill

 2021年度の新規騎手免許試験の合格者を発表し、古川奈穂さん、永島まなみさんの女性2人を含む8人が合格した。JRAの女性騎手誕生は藤田菜七子騎手以来で5年ぶりとなる。

 2016年に騎手デビューした藤田菜七子騎手は、2021年2月8日時点でJRA通算128勝。昨年も35勝をあげるなど、しっかりと成績を残している。2019年にはコパノキッキングでカペラS(G3)も制した。

「競馬学校に入る時点で女性は盛り上がりますが、その後途中で挫折することも多いのですが、今年は2人も合格とはうれしいですね。

これで女性騎手『3人衆』となりましたが、菜七子騎手の成績を見てもわかる通り、斤量の恩恵などを踏まえても、もはや若手を中心に男女関係なく成績が残せる体制が出来上がっています。