NHK「ガースー圧力」有馬嘉男降板に怒号 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

NHK「ガースー圧力」有馬嘉男降板に怒号止まらず

NHK「ガースー圧力」有馬嘉男降板に怒号止まらず
socialfill

 NHKの報道局記者主幹、有馬嘉男氏が、キャスターを務める『NHKニュースウオッチ9』を3月いっぱいで降板することがわかった。

 同局の看板アナである桑子真帆アナ、和久田麻由子アナとタッグを組んで好評だった有馬氏。それだけに突然の降板に世間の反響は小さくない。

 しかし「週刊文春」(文藝春秋)がその“裏側”を報じている。

「有馬さんは以前の臨時国会で、予定になかった学術会議問題について質問。菅首相は不快感を露わにしました。山田真貴子内閣広報官が原聖樹政治部長に抗議したという話が広がったようで『官邸の圧力』があったと認識されたようです。

今回の降板もその圧力によるものではないかともっぱらですよね。