竹内結子さんの「絶望」三浦春馬さんと“扱い”異なる裏 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

竹内結子さんの「絶望」三浦春馬さんと“扱い”異なる裏側

竹内結子さんの「絶望」三浦春馬さんと“扱い”異なる裏側
socialfill

 昨年は何人もの芸能人の訃報が続いた年だった。新型コロナウィルスの影響などもあったのか、例年にない出来事が多かった年といえる。

 中でも人気俳優の「自死」が世間を騒然とさせる場面も多かったように思われる。三浦春馬さん、芦名星さん、竹内結子さんら、テレビでもおなじみの人気俳優の続けての自死報道が続いたことで、本当に多くの人がショックを受け、今なおその悲しみは継続している状況だ。

 ただ、世間で現在も大きく騒がれているのは昨年7月に亡くなった三浦春馬さんに関する意見が非常に多いのが実情だ。

 三浦さんの死には、所属事務所アミューズ発表時の「矛盾」などから陰謀論や納得いかないファンの発言が横行し、それが長らく尾を引いているのは間違いない。いまだアミューズが明確な会見等を開いてくれない点なども、疑惑を大きくしている一端といえる。

 一方で、竹内さんや亡くなった他の俳優とは異なる部分もあるようで……。

「竹内さんは、亡くなってから新たに公開される映画などはありませんでした。芦名さんなども同じですね。一方で三浦さんは亡くなる直前まで撮影していた『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)の放送、映画『天外者』『ブレイブ 群青戦記』の公開や予定、音楽活動など、その後も『尾を引く』話が多かった印象です。それだけ多忙だったといえるかもしれませんが……。