三浦春馬「完全燃焼」生前意味深な発言も…アノ映画に | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「完全燃焼」生前意味深な発言も…アノ映画に正当な評価が

三浦春馬「完全燃焼」生前意味深な発言も…アノ映画に正当な評価が
socialfill

 2月4日に発表された『第94回 キネマ旬報ベスト・テン』の読者選出日本映画監督賞に、昨年12月に公開された時代劇映画『天外者』の田中光敏監督が選ばれた。

 幕末から明治を駆け抜けた五代友厚を描いた物語で、昨年7月に亡くなった三浦春馬さんの主演作であり、遺作映画だ。

 大規模上映でないにもかかわらず2月まで一部上映が続いていること自体が驚きだが、三浦さんの演技もまた非常に評判であり「改めて惜しい人を亡くしてしまった」と思うファンが非常に多い。

 それだけに今回のた『第94回 キネマ旬報ベスト・テン』の受賞には喜びのコメントが多数だ。「作品からも彼の言葉や姿からも、もの凄い熱量で伝わります」「本当にうれしい」などという声が後を絶たない。

 こうなると、作品がさらなる評価をされるのではないか、という期待も大きくなる。