» 嵐「全面広告」真相…クラファン金額矛盾に指摘も
カルチャースポーツ社会

嵐「全面広告」真相…クラファン金額矛盾に指摘も

嵐「全面広告」真相…クラファン金額矛盾に指摘も
socialfill

 届いたのはへの感謝ではなく、事務所への迷惑?

 5日、ジャニーズ事務所は「弊社が関与しないクラウドファンディングの企画やプロジェクトにつきましては、その内容を慎重にご確認いただきますよう、お願い申し上げます」と、注意喚起した。

「皆様の純粋な想いがトラブル等につながることは弊社としましても決して看過することはできません」

 ジャニーズ所属のグループやタレント名を使ったクラウドファンディングによって、ファンがトラブルに巻き込まれる事を懸念した今回の発表だが、その発表をするに至ったのは1月27日に掲載された朝日新聞全国版の全面広告が一因だろう。

 朝日新聞社が運営するクラウドファンディングサービス「A-port」にて、嵐ファン有志5人によって起案された「ありがとう嵐。またね!プロジェクト」。

 嵐への感謝を伝える新聞広告を掲載するためとされた同プロジェクトだが、「ギリギリまで迷ったけど結局参加しなかった」「嵐の5人には内緒みたいだし、なんか怪しかった」「発起人5人の身元がはっきりしない」など、多くのファンが不信感に駆られ参加を見送った様子。

「目標金額に届いていないのに、掲載できるの?」

 そんなファン達の不信感の影響か、今回のプロジェクトの目標金額「1000万円」に対し、集まった金額は半分の500万にも満たない金額。それでも全面広告を打ち出せた「掲載料のお値引き」も、結果としてファンの疑問と不信感を増長させたようだ。