瀬戸大也「五輪中止」賛成? | Social Fill
カルチャースポーツ社会

瀬戸大也「五輪中止」賛成? 大会優勝で強さ相変わらずも…

瀬戸大也「五輪中止」賛成? 大会優勝で強さ相変わらずも…
social fill

 2月4日に開催された、「競泳・ジャパンオープン2020」男子400メートル個人メドレーで復帰後即優勝を果たした瀬戸大也が話題を呼んでいる。

 2017年に元飛込選手・馬淵優佳さんと結婚した瀬戸。2020年9月の不倫報道を認め、活動停止処分を受けていた。同大会は、144日ぶりの実践復帰だったが、ライバル・荻野公介らを抑えて優勝した。優佳さんは5日の『スッキリ』(日本テレビ系)で、「レースをテレビで観戦し、エールを送った」や「水泳をしているっ彼は誰よりも輝いています」などとコメントした。

 瀬戸の優勝に対してネットでは、「やはり実力あるな」「精神面強すぎる」「オリンピックの日本のメダルが一つ増えたか」「周りは負けたらいかんだろ!」など、賞賛する声が上がった。その一方で、「良く出場できたな」「どんな気持ちで泳いだん?」「表舞台に立つ資格なし」など、復帰が早すぎたのか、非難の声も。

 また、優佳さんのテレビでのコメント出しに対して「どれだけ出たがりなんだよ」「良い妻ぶるな」「陰から支えた方が瀬戸のためになるだろ」と、瀬戸を出汁にして評価を得ているように見えたのか、不倫被害者の優佳さんに対しても辛辣な声が寄せられた。

 また、「オリンピックには出るな」といったオリンピックへの出場を快く思っていないファンもいたが、「わざわざ辞退しなくてもいいと思っているのでは?」と、瀬戸の気持ちを代弁するようなコメントも上がった。

 東京五輪パラ組織委員会の森喜朗会長の女性を蔑視した発言で、開催が危うくなっている東京五輪。そのせいで、ロンドンブーツ1号2号・田村淳が聖火ランナーを辞退するなど、世間では中止への追い風が吹いている。

 瀬戸は内心「このまま中止へ」と思っているかもしれない。東京五輪の去就にも注目だ。