» 松本人志も明石家さんまも関係なし「宮迫博之復帰」最大の問題点に驚愕
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 松本人志も明石家さんまも関係なし「宮迫博之復帰」最大の問題点に驚愕

松本人志も明石家さんまも関係なし「宮迫博之復帰」最大の問題点に驚愕

松本人志も明石家さんまも関係なし「宮迫博之復帰」最大の問題点に驚愕
social fill

 4日、「FRIDAYデジタル」(講談社)が『宮迫博之が「テレビ本格復帰宣言」頼りは明石家さんまより田村淳か』との見出しで記事を配信した。

 記事には、当初は『アメトーーク!』(テレビ朝日系)でのテレビ復帰に強くこだわって、他の番組からのオファーは断っていた宮迫さんだが、昨年12月28日の『クイズピンチヒッター』(フジテレビ系)で、お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんからの電話に応じる形でテレビ電話越しではあるが、すでにテレビ復帰を果たしていること、結果的にこれがこだわりを捨て去れるきっかけとなったため『アメトーーク!』以外の番組オファーに応じる考えだと自身のYouTubeチャンネルで語ったことなどが綴られている。

「毎度おなじみといった感じで、今回のフライデーさんの記事でも『誰に頼ろうとも宮迫の場合は自分の保身第一から来る人徳の無さが問題で、視聴者もその人間性をを見るから復帰はハードルが高い』『結局宮迫さんはあの会見の時から何にも変わってない』と、復帰の可能性が報じられたことに辟易している声が多数寄せられていますね。

 内心では復帰を望んでいるテレビ関係者は一定数いると思いますが、言ってみればこうした報道を受けての世間の反応を彼らは注視しているでしょう。