» 小川彩佳「森喜朗会長と夫不倫」の関係は…“うんざり”の意味深、の声も
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 小川彩佳「森喜朗会長と夫不倫」の関係は…“うんざり”の意味深、の声も

小川彩佳「森喜朗会長と夫不倫」の関係は…“うんざり”の意味深、の声も

小川彩佳「森会長と夫不倫」の関係は…“うんざり”の意味深、の声も
socialfill

 フリーアナウンサーの小川彩佳が、4日の『news23』(TBS系)で、女性蔑視と受け取られる発言が波紋を広げている東京五輪組織委員会の森喜朗会長について報じた。

 森会長が3日にオンラインで行われた日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会で「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります」などと発言。世間から批判が降り注いだ。

 森氏は「五輪パラリンピックの精神に反する不適切な表現だったと認識している。まず深く反省している。そして発言した件について撤回したい。不愉快な思いをされた皆様にはお詫びを申し上げたい」会長職の辞任については「辞任するって考えはありません」と断言し、「一生懸命、献身的にお手伝いして7年間やってきた。自分からどうするってことはない。みなさんが邪魔だとおっしゃるなら、おっしゃる通り老害を掃いてもらえたらいい」などとした。

 小川アナは番組内で「こうした感覚で公然と発言をされる方が権力ある立場でいらっしゃり続けること、現場では笑い声があがったようなことも伝えられていますけど、そうした発言を許容するような空気がある現実があること、どちらにもうんざり」と辛らつにコメントした。

「小川アナの発言に世間は『全くその通り、日本国中ウンザリしているでしょう』『小川さんが森会長だけでなく、笑っていたメディア側自身にも批判を向けたことは評価したい』と共感の声があります。