田中将大「心ない声」も… | Social Fill
カルチャースポーツ社会

田中将大「心ない声」も…楽天復帰の悲喜こもごも

田中将大「心ない声」も…楽天復帰の悲喜こもごも
social fill

 2月4日発売の「週刊新潮」(新潮社)が、日本球界復帰した田中将大について報じた。

 同誌では、東北楽天ゴールデンイーグルスに復帰する田中と、メジャー球団からの多額のオファーを断り男気を見せて古巣・広島カープに帰ってきた黒田博樹を比べ、「昨シーズン、メジャーでは新型コロナウイルスによる経営難から、60試合の短縮日程で年俸は一律63%カットされている」と明かした。続けて「その影響から、新たな契約も減額の見込みがあることから、楽天での9億円という金額は、メジャーよりも高い可能性がある。男気と見せかけて、いい買い物をした結果になった」と綴っている。

 ファンは田中の復帰に「マー君待ってました!」「今年は、球場に見に行きたい」「これで楽天は優勝間違いなし」と、歓喜していた。また、「震災から10年という年によく帰ってきてくれた」「東北が盛り上がる」など、自分の夢や金よりも、東北を元気にしたいという気持ちに打たれた様子だった。

 一方で「震災という名目で、金稼ぎに帰ってきたんだろう」「アメリカが怖くて帰ってきたか」と、心のない声も寄せられた。

 しかし、広告塔としての田中は、9億円以上の価値があるかもしれない。最近では、侍ジャパン稲葉篤紀監督が楽天を視察して、東京五輪の出場を示唆しているようだ。東京五輪は未定だが、グッズなどの売り上げは伸びるだろう。

 他にも、ももいろクローバーZが、田中の登場曲を収録したアルバム『田中将大』を発売予定。テレビやCM出演も多数考えられることから、副業の稼ぎも相当なものだろう。

 ファンの中には、帰ってくる理由が何でも、「本業で活躍してくれたらいい」「優勝してくれたら、アンチは黙る」という声も上がっている。副業にうつつを抜かさないことが、ファンの一番の心配だろうか。シーズンの開幕を待ちたい。