相葉雅紀「MC番組不調」 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

相葉雅紀「MC番組不調」コロナ禍無視and評判イマイチで

相葉雅紀「MC番組不調」コロナ禍無視and評判イマイチで
social fill

 のメンバーの中でも、飾らない愛されキャラとして知られる相葉雅紀。グループとしての活動を一旦休止しているが、個人でもバラエティ番組のMCを務めるなど活躍は続いている。そんな相葉が抱える苦労が見えてきた。

 2月4日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は「相葉どうぶつ園に協力動物園が抗議したネコ嬲り」と題した記事を掲載した。記事内では、相葉がMCを務める『I LOVE みんなのどうぶつ園』(日本テレビ系)の1月23日放送回で、希少なスナネコを撫でまわす相葉とKAT-TUNの亀梨和也の様子を紹介。

 これに対して、視聴者だけでなく撮影に協力しているペット動物園「インナー・シティ・ズー ノア」からも「ペット化できると捉えられるような放送は困る」と苦情が入ったという。

『みんなのどうぶつ園』と言えば、新型コロナウイルスで亡くなった志村けんさんがMCを務めていた『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)の後継番組だ。志村さんの思いを受け継ぐ番組として、16年にわたり共演してきた相葉が舵を取る形となった。

 しかし、いくら国民的愛されキャラの相葉でさえも『みんなのどうぶつ園』の芸能界や世間からの評判はイマイチ。他番組に比べて制作費用が高いというウワサや、このご時世になってからも引き続き動物とのふれあいを行っていることに対して、感染リスク回避よりも視聴率を優先しているのでは?といった報道もあった。問題が多いように思えるが、存続は大丈夫なのだろうか……。

 さらに相葉は、嵐の冠番組だった『VS嵐』(フジテレビ系)の後継番組『VS魂』(フジテレビ系)でもメインMCを務めている。だが、こちらも相葉の体調不良による収録欠席から始まり、世間の反応も微妙な様子。「レギュラーメンバーが微妙」「トーク力が不足している」「極端につまらない」といった意見が多いようだ。

 いつかの嵐の活動再開まで、バラエティで相葉がその立ち位置を守り続けることはできるだろうか。