Suchmos活動休止「紅白黒歴史」 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

Suchmos活動休止「紅白黒歴史」最近消えて世間も注目なし?

Suchmos活動休止「紅白黒歴史」最近消えて世間も注目なし?
social fill

 紅白出場バンドの活動休止発表も、「まだ活動してたの?」と辛辣コメント。

 3日、ロックバンドSuchmosが、バンド活動を一時休止すると公式サイトにて発表した。

「いつもSuchmosを応援してくださっている皆様へ大切なお知らせです」とし、「Suchmosは、一時的にバンド活動を休止致します。メンバー、スタッフとで今後の方針についての協議を重ねた結果、活動休止の結論に至りました」と考え抜いた末の決断と窺える。

 彼ら最大のヒット曲といえる「STAY TUNE」はホンダのCMにも起用され、2018年に初出場した「第69回NHK紅白歌合戦」では、NHKのサッカーテーマソングに起用され「VOLT-AGE」を披露、NHKが同年開催されたFIFAワールドカップロシア大会の中継時にも流れる等、ファンならずとも彼らの曲を耳にした人も多いはず。

 そんな彼らの活動休止発表に対し、ネット上では「最近めっきり見なくなったなぁ」「STAY TUNEの一発屋だったな」「一瞬バズってた」「一曲しか知らない」「まだ活動してたのか」など、ファン以外からは一発屋の烙印付きの辛辣コメント。

 さらに「ワールドカップの曲で変な空気になってたな」「ワールドカップで滑った人達」「スポーツ系の音じゃなかった」「ワールドカップの曲で失敗しちゃった」「日本戦のハーフタイムにライブ映像流れて、テンションがダダ下がった」など、当時NHKのサッカーテーマソングに起用されるも「まるで盛り上がらない」「なんか違う」など世間から微妙な評価ばかりが印象に残っている様子。

「俺たちSuchmosは、修行の時期を迎えるため、バンド活動を一時休止します」

 彼らが公式サイトに綴った修行を終える頃、世間の印象を一変させる事が出来るのだろうか。