筧美和子降板「誰でもいい」本音… | Social Fill
カルチャースポーツ社会

筧美和子降板「誰でもいい」本音…奥仲麻琴変更の影響小さすぎ

筧美和子降板「誰でもいい」本音…奥仲麻琴変更の影響小さすぎ
social fill

 ドラマ『ももいろ あんずいろ さくらいろ』(ABCテレビほか)で主演を務める予定だった筧美和子。2月3日に新型コロナウイルス濃厚接触者となり、同ドラマへの出演を見合わせたことが報じられた。

 筧は同ドラマとは別の仕事現場で、共演者が新型コロナウイルスに感染。筧のPCR検査の結果は陰性だったが、濃厚染色者として2週間の自宅待機となった。

 同ドラマは撮影開始前だったことから、代役を立てて予定通り放送することになった。代役を務めるのは、筧と同事務所でアイドルグループ・PASSPO☆の元メンバー・奥仲麻琴。連続ドラマの主演は初めてとなる。

 ネットでは、同ドラマの筧への対応に対して「濃厚接触者で、この対応は可哀そう」「他のドラマは後ろ倒しにしてたじゃん」「小さいドラマ枠なのに、厳しくないか」と、筧を擁護する声が寄せられた。その一方で、「筧美和子ならしょうがないか」「主演は誰でもよかったのかな」など、筧のタレントパワー不足をほのめかすコメントも上がった。

 筧は『テラスハウス』(フジテレビ系)への出演をきっかけに、バラエティ番組やドラマに出演することが増えた。しかし、主演はほとんど務めたことがなく脇役が多いせいか、「グラビアアイドルの子でしょ」「たまにしか見ないよね」などの声もあり、世間での“女優”としての認知はまだまだ低いようだ。

 ドラマの制作側も、女優としての知名度が低い筧よりも「撮影期間が延びて損するなら、代役を立てて話題作りをしよう」と思った可能性がある。

 筧にとっては可哀そうな出来事だが、代役で主演を務めることになった奥仲にとってはチャンスだ。PASSPO☆時代は1、2位を争う人気メンバーだったが、卒業後は鳴かず飛ばずだった奥仲。沢尻エリカの代役で大河ドラマに出演して人気を博した川口春奈のように頑張ってほしいところだ。ドラマの行く末に注目したい。