田村淳「なぜ聖火ランナー」辞退も愛知犬山市との「謎関係」 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

田村淳「なぜ聖火ランナー」辞退も愛知犬山市との「謎関係」が

田村淳「なぜ聖火ランナー」辞退も愛知犬山市との「謎関係」が
socialfill

 聖火ランナー辞退に称賛を集めるも、「そもそも何故任命?」の声。

 3日お笑いコンビ、ロンドンブーツ1号2号の田村淳が公式YouTubeチャンネルにて、リンピック・パラリンピックの聖火ランナーを辞退したことを発表した。

 愛知県の犬山市から任命されていた淳だが、東京2020組織委員会の森喜朗会長のインタビュー記事などを見て「ちょっと理解不能な発言をされていらっしゃいました」とし、コロナがどんな状況であっても開催するという、オリンピック強行開催発言を非難。

 さらにタレントが聖火ランナーをやると人が集まる為、「人気タレントは田んぼを走ったらいい」などとする森会長の発言には「人の気持ちを削ぐというか、僕はどうしても同意しかねる」とし、「沿道に人を集める必要がないのであれば、タレントは身を引くべき」と森会長の発言から聖火ランナー辞退を決断したことを明かした。 

 この聖火ランナー辞退の報道がネット上に拡がると「至極全うな判断」「聖火ランナーを辞めたい人の口火を切ってくれた」「田村さんの意見に同意します」「コロナ感染拡大を防ぐためなら、芸能人は辞退してほしい」「他の芸能人も追随してくるのでは」「偉い、なかなか言える事じゃない」「素晴らしい行動」と、淳の決断に賛同する声が多くみられた。