前田敦子「DV骨折」勝地涼以前からあった「悪癖」 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

前田敦子「DV骨折」勝地涼以前からあった「悪癖」とは

前田敦子「DV骨折」勝地涼以前からあった「悪癖」とは
socialfill

「NEWSポストセブン」(小学館)が、離婚協議中にある前田敦子勝地涼夫婦に関する衝撃的な情報を出した。

 昨年の別居報道、今年の離婚協議報道の際には「前田敦子がわがまますぎ」といったような論調や記事が相次ぎ、勝地が限界を迎えた、というのが意見としては多かった。

 しかし同誌の報道によれば、2人は子育てなどをめぐって怒鳴りあいやつかみ合いのケンカも茶飯事だったという。そして明日発売の『女性セブン』では、「前田敦子『DV骨折離婚』」というタイトルで記事を出すようだ。

 ここへきて「勝地の非」が叫ばれるようになった印象だ。世間からは「どっちもどっちでしょ」「できちゃった婚にありがち」「こうなると思ってた」などなど、厳しい論調が相次いでいる状況だ。

 ただ、勝地に関しては、結婚前に少し「気になる情報」が出ていたのも事実である。