木村拓哉「現実よりゲーム」で人気…アノ名作に | Social Fill
カルチャースポーツ社会

木村拓哉「現実よりゲーム」で人気…アノ名作にピエール瀧は

木村拓哉「現実よりゲーム」で人気…アノ名作にピエール瀧は
socialfill

 主人公の八神を木村拓哉さんが演じていることでも有名な、セガのアクションアドベンチャーゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』のリマスター版『JUDGE EYES:死神の遺言 Remastered』が、4月23日にプレイステーション5およびXbox Series X|S向けに発売されることが分かった。
 
 木村さんと言えば、妻の工藤静香さんのプロデュースもあり、頻繁に娘のkoki,さんやCocomiさんの話題がニュースとなっており、これに対する評価はあまり好意的でないものもしばしばあるのだが……。
 
「『JUDGE EYES(ジャッジアイズ)』への評価は非常に高いですね。
 
『ジャッジアイズ面白かったから是非ドラマ化してほしい』『今までやってきた観てきたゲームのストーリーで一番面白かった』『続編作ってほしい』といった声が聞こえてきています。

一方で、2018年に発売された『ジャッジアイズ』の初版では羽村京平というキャラクターをピエール瀧さんが演じていたんですが、ご存知のとおり2019年3月に麻薬取締法違反で逮捕され、その後この初版は販売自粛に。
 
そして、羽村のモデルキャスト(ビジュアルおよび音声)を変更したものが2019年7月から新価格版として発売された経緯があり、今回のリマスター版発売決定に際しても『ピエール瀧が居ないなら買わない』『ピエール瀧が戻ってくるのかなんて期待したけど』と、ピエールさんの復活を待ち望む声も多く聞かれますね。