花田優一「貴乃花モラハラ」今さら告白の裏 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

花田優一「貴乃花モラハラ」今さら告白の裏とヤバい状況とは

花田優一「貴乃花モラハラ」今さら告白の裏とヤバい状況とは
socialfill

 大横綱に対し、息子からの容赦ないモラハラ告白も世間は半信半疑。

「平成の大横綱」貴乃花光司の息子で靴職人、アーティストの肩書を持つ花田優一が週刊女性PRIMEのインタビューに応じ、父貴乃花に対する思いを語った。

 詳しくは、週刊女性PRIME掲載のインタビューをご覧いただきたいが、「これでいいという気持ちと、言いたくないという気持ちとが揺れ動いています」と優一氏は葛藤を抱えながらのインタビューである事を語った。

 優一氏のメディア露出が増えると共に、貴乃花の息子優一氏に対する言動から、親子仲についても取り沙汰される事の多かったこの親子。

 今回、優一氏のインタビューで語られたのは「家庭内は崩れ出していた」「アルコールに頼るようになった」「アツアツの料理を母に投げつけて」「見たこともない形相で突然つかみかかって」「殴られて」など、優一氏が靴作りの修行を終え、イタリアから帰国する15年ごろから、貴乃花が日本相撲協会を退職する17年頃まで貴乃花本人と花田家の状況を語った。

 勿論、貴乃花自身元弟子に起きた暴行騒動から日本相撲協会との対立、結果的に退職に陥り、妻である元フジテレビアナウンサーの河野景子さんと離婚にも至るなど、単純に世間からみても平穏な生活を送っていたとは言い難い状況ではあるのだが。

「貴乃花にも相当問題があると思うが、優一が真実を喋っていると到底信用できない」

 このインタビュー記事に対し、ネット上では「なぜ今になってこれを言うのか」「優一が色々と口に出しても何も響いてこない」「長男の側の言葉を鵜呑みにできない」「何もかも中途半端な貴方が何を言ってるの」など、優一氏の発言には疑問の声が。

「少なくとも貴乃花の方が信頼性ある」