三浦春馬「ツイデモ」過剰ファンに苦言も | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「ツイデモ」過剰ファンに苦言も「自分の人生を生きて」

三浦春馬「ツイデモ」過剰ファンに苦言も「自分の人生を生きて」
socialfill

 ネット上で思わぬ「デモ」が生じ、注目を浴びている。

 それは、昨年7月に亡くなった俳優の三浦春馬さんに関するものだ。Twitter上に「大手芸能事務所への質問」というタグで、三浦さんの死に対する疑問を所属事務所に投げかけるというもの。30日の21時より「ツイデモ(Twitter上のデモ)」が起こっている状況だ。

 この「大手芸能事務所への質問」は瞬く間にトレンド入り。いまだ三浦さんの死に関し、疑問を抱いたり納得のいかないファンはやはり人数としては多いということが改めて証明された印象だ。

 このデモに「春馬くんの件、確かに引っ掛かる部分いっぱいある。私もちゃんと説明してほしい」「なぜ三浦春馬さんは、あの痩せた姿でドラマ撮影を続行させられたのですか」「春馬くんにプライベートの時間を与えずスケジュールびっしり入れたのは何故ですか?」などなど、主に所属事務所アミューズに対する疑問が多い。

 ただ、こうした動きそのものへの疑問の声もまた多いのも事実だ。

「一部では『アミューズはよくわからないけど可哀想なのは本人や家族気持ちしたらそっとしといてあげたらいいのに』『いつまでも執拗に責任を追及したり、どうして亡くなったかなんて誰にもわからないそんなことしたって生き返る訳じゃない』『こういうファンは自分の人生を生きてほしい』『ファンとして真実を知りたい気持ちは強いだろうけど、新しい真実を再度事務所が発表することはないと思ったほうがいい』『SNSでトレンド扱いされるような問題ではない』といった声もありますね。