西野亮廣退社「梶原雄太の沈黙」オリラジと真逆 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

西野亮廣退社「梶原雄太の沈黙」オリラジと真逆の状況に

西野亮廣退社「梶原雄太の沈黙」オリラジと真逆の状況に
socialfill

「普通に仲良し」のはずが、オリラジとの差に「本当に円満退社?」の声。

 30日、吉本興業公式サイトにてお笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(40)とのマネジメント契約を終了する事が発表された。

 27日、西野が自身のツイッターをにて、外部スタッフとマネージャーによるLINEのやり取り公開し、「芸能事務所の現状」「そりゃ、辞めるタレントが続出するよね」と事務所側の対応を酷評。

 その後も「退社する可能性も含めて、慎重に話し合いを進めています」「吉本興業には今の形を改めないと辞めます」とし、極め付きは「吉本興業の対応がナメ腐っていた」「会社ごとガン詰めしました」「しっかりしろ」などSNS上での辛辣な事務所批判に、世間から吉本興業退社は既定路線とみられていた。

 それらの投稿から、わずか3日での退社劇となった訳だが、吉本興業からのマネジメント契約終了の発表が行われると「いろんな記事が出ると思いますが、オラオラ喧嘩して辞めるわけではなく、お互いプラスになるような形を探った結果です」「普通に仲良しですし、継続する仕事もあります」と西野自身は円満退社をアピール。

 しかし、その退社報道が流れると「SNSに晒すのはダメ」「どう繕っても実質解雇」「流石にやりすぎ」「円満退社と捉えられる状況ではない」「円満退社と思っているのは本人だけでは」と、「普通に仲良し」とした西野のツイートを信じる事は出来ない様子。

「オリラジと違う」「本当に円満退社?」

 吉本興業によるマネジメント契約終了のお知らせは「当社所属キングコング西野亮廣について、双方合意の上、2021年1月30日付をもってマネジメント契約を終了しましたのでご報告します。」の一文のみ。