三浦翔平らは…三浦春馬『天外者』アカデミー賞不選出 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦翔平らは…三浦春馬『天外者』アカデミー賞不選出の裏側

三浦翔平らは…三浦春馬『天外者』アカデミー賞不選出の裏側
socialfill

 27日、「第44回日本アカデミー賞」の優秀賞受賞作品や俳優が発表された。
 
 例年は前々年12月16日から前年12月15日までに公開された作品が選考対象となるのだが、今回はコロナ禍で上映が遅れた作品などを考慮して、2019年12月16日から2020年12月31日までに公開された作品を対象として選考が行われた。
 
 優秀作品賞、優秀主演男優賞の両方に、二宮和也さん主演『浅田池!』、小栗旬さん主演『罪の声』、草彅剛さん主演『ミッドナイトスワン』、佐藤浩市さん主演『Fukushima 50』が選ばれている中でアノ話題作と俳優の名前がないとの声が……。
 
三浦春馬さん、そして『天外者』ですね。
 
 配給会社が大手ではなく、ミニシアターやシネコンでも小さめのスクリーンでの公開がメインで上映を始めた『天外者』ですが、満席になることも頻発するほどの盛況ぶりで、追加上映や上映期間延長が次々と決まり、いつしか大型スクリーンでの上映も増えてきました。
 
 昨年7月に急逝された三浦さんにとって最後の主演映画ですし、この作品にかける三浦さんの情熱は並々ならぬものがあったようです。
 
 それに応えるようにファンの熱量もすごいですからね。

『春馬くんの名前も、天外者の名前もないなんてどういう選考なの?』『それぞれ5作品、5人の俳優が選ばれる優秀賞に三浦さん、天外者がないなんて明らかに違和感』と疑義を訴える声が多く見られますよ。
 
 また、『色々と発言しづらかったり、タブーとかあるのかもしれないけど、天外者で共演してて親交の深かった三浦翔平さんとか、アニキと慕われてた西川さんとか、公開間近にエピソードを語ってくれたみたいに、日本アカデミー賞の選考についても何か言ってほしい』なんて声もあります」(メディア記者)