時津風親方「麻雀と女」 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

時津風親方「麻雀と女」コロナ禍無頼生活に戦慄とYouTube転身?

時津風親方「麻雀と女」コロナ禍無頼生活に戦慄とYouTube転身?
social fill

 1月28日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、大相撲・時津風親方1月場所内における愚行について報じた。

 同誌では、時津風親方が18日から22日まで5夜連続で東京・赤坂にある雀荘へ行っていたことが報じられた。そのうち3回はATMでお金を下ろしていたようだ。さらに、20日の午前には風俗店に行ったことが浮上している。

 また、千秋楽翌日の25日には、女性のショッピングを手伝い、シティホテルへと姿を消している。時津風親方は、雀荘や風俗店には「行っていない」と否定しているようだが果たして……。

 この報道に対してネットでは、「親方早くやめろ!」「親方のする行為じゃない」「相撲界の面汚し」など、非難が殺到。「正代があれだけ頑張っていたのに…」「尊敬している親方の行動に残念だろうな」と、時津風部屋の力士・正代を哀れむ声が寄せられた。

 さらに「また賭博しているんだろうな」「賭けマージャンで負けて、悔しくて何回も行ってたんだろう」「あの問題が起きたら普通辞めるだろ」と、2010年に時風邪親方が関わった野球賭博を想起し、再びの問題行動に時津風親方の人間性を疑うようなコメントも上がった。