» 三浦春馬「抱えたトラブル」ミュージカル代演公開とアミューズへの指摘
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 三浦春馬「抱えたトラブル」ミュージカル代演公開とアミューズへの指摘

三浦春馬「抱えたトラブル」ミュージカル代演公開とアミューズへの指摘

三浦春馬「抱えたトラブル」ミュージカル代演公開とアミューズへの指摘
socialfill

 昨年7月に30歳で急逝した俳優の三浦春馬さんの主演が決まっていた日英共同企画の新作ミュージカル「The Illusionist(イリュージョニスト)」の公開舞台稽古が26日、東京で行われた。

 三浦さんの死後、代演となった俳優の海宝直人は「三浦春馬さんを失い、悩みながらスタッフキャストは必ずお客さまにお届けするという強い思いでやってきました」と想いを明かしている。

 三浦さんの死の影響は舞台などにも大きな影響を及ぼした。海宝は三浦さんと互いの舞台を観に行くなど関係は深く、この「イリュージョニスト」への気持ちも強かったといわれている。

 今回の件で、改めて「なぜ」という気持ちが湧き上がってしまうファンも少なくないようだ。

「世間からは『日英共同企画だよ。絶対やりたかったはず』『自死するような人ではありません。仕事を途中で投げ出すような人ではない』『やはり7/18あの日何かトラブルに巻き込まれたとしか考えられない』『本当に、なんでこんなことになってしまったのか』など、改めて三浦さんがなぜ亡くなってしまったのかという疑問が沸き上がってしまう人もいるようです。