GACKT「余裕ゼロ」一流なのに「空港検査長め」だけでブチギレ | Social Fill
カルチャースポーツ社会

GACKT「余裕ゼロ」一流なのに「空港検査長め」だけでブチギレって…

GACKT「余裕ゼロ」一流なのに「空港検査長め」だけでブチギレって…
socialfill

 27日、歌手のGACKTがYouTubeチャンネルを更新。現在の生活拠点であるマルタ共和国から緊急帰国したことを報告した。

「GACKT緊急帰国!!」と題された同動画。「空港内の検査状況を伝えます」とコメントがつけられ、空港到着直後の様子を伝えるGACKTは黒いマスクにサングラス姿で、「ホントに疲れましたよ」のコメントからスタート。

 着陸から検疫を終えるまで1時間程掛かった事を明かし「スムーズにいってたら、おそらくあと20分は早かった」と検疫担当責任者の対応の悪さを嘆いた。

「あまりにもピーなお方で」「なんで英語の文章も読めない人たちが責任者にいるんでしょうか」と発言し、マルタでの検査日時や検査方法の確認に時間が掛かった経緯を説明したGACKT。

「現場にいる人達は一生懸命頑張ってる」「ホントにキビキビ動いて流れがいいと思った」「日本て凄いなと思った」と現場で働く方々への敬意を表したが、「そこに英語の読めない上司が必要か?」「あんな責任者の元でやってる子たちがかわいそう」と責任者に対しては怒りを露わにした。

 この様子を知ったネット上の声は「たった20分長くなっただけで何怒ってんだ」「そんぐらいのことでイラつくなよ」「いちいち些細なミスをあげつらうのやめてほしい」「この時期にわざわざ帰ってこなくても」「緊急事態宣言中なんですが」と、緊急事態宣言下の帰国、さらに時間にして20分の差にイラついているGACKTに否定的な様子。