» 新垣結衣「疲労如実」小栗旬大河「脇役出演」の裏側
カルチャースポーツ社会

新垣結衣「疲労如実」小栗旬大河「脇役出演」の裏側

新垣結衣「疲労如実」小栗旬大河「脇役出演」の裏側
soialfill

 来年放送のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に関して、27日の「NEWSポストセブン」(小学館)が女優の新垣結衣さんが“出演濃厚”と報じた。
 
 記事には、新垣さんの出演が実現すれば、主演が決まっている小栗旬さんとは13年ぶりの共演だ。

 前回共演したドラマ『スマイル』(TBS系)では深く絡まない役柄同士だったため、これが本格的な初共演となること、昨年末に「週刊文春」(文藝春秋)が報じた2021年10月期のTBSドラマへ新垣さんが主演するいう話は実現しないだろうということなどが綴らている。


 また、2018年の『獣になれない私たち』(日本テレビ系)で主演した際「しばらくドラマ出演はマイペースでゆっくり」と新垣さんが語っており、その言葉どおりそれから約2年の時を経て新垣さんが出演したのは『親バカ青春白書』(日本テレビ系)での、新垣さんのキャリアとは不釣り合いな印象すらあった脇役だったことなども記されている。