藤原竜也「大きな壁」三浦春馬さんらも屈したハードル | Social Fill
カルチャースポーツ社会

藤原竜也「大きな壁」三浦春馬さんらも屈したハードルとは

藤原竜也「大きな壁」三浦春馬さんらも屈したハードルとは
socialfill

 26日に放送された、藤原竜也さん主演で真木よう子さんがヒロインを務める連続ドラマ『青のSP 学校内警察・嶋田隆平』(フジテレビ系)第3話が、8.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の視聴率をマークしたことが27日に分かった。
 
 同作は作家・佐々木充郭さんによる『スクールポリス』(ポプラ文庫)を原案としており、都内の公立中学校に「スクールポリス制度」が試験的に導入されたという設定で物語が展開していく。
 
「『青のSP』のここまでの視聴率推移は、第1話が8.9%、第2話が8.3%、そして第3話が8.0%と右肩下がりの傾向を見せており、第1話の数字が最高値となっています。

 この火曜21時のフジテレビ系ドラマはある傾向が顕著となっていまして、このまま行きますと『青のSP』もあまり嬉しくないその傾向を踏襲することになります。
 
 傾向というのは、“第1話が全話通しての最高視聴率になってしまう”というものですね。