佐藤健「間違い多数記事」三浦春馬さん関係でファン論争 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

佐藤健「間違い多数記事」三浦春馬さん関係でファン論争も

佐藤健「間違い多数記事」三浦春馬さん関係でファン論争も
socialfill

 人気俳優・佐藤健に関する記事が、さまざまな角度で物議になっている。

「フライデーデジタル」(講談社)が『すべては計算ずく…?独特すぎる佐藤健の「スゴい宣伝戦略」』という記事を掲載している。佐藤の出演作品はもとより、LINEやYouTubeチャンネル開設など他の人気俳優とは異なる戦略で独自の人気獲得をしていると評している。

 別にほめているのだから問題はないのかもしれないが、どうやら記事内容は「ツッコミどころだらけ」だったようだ。

 まず記事には「2018年~2019年にLINEをはじめた」とあるが「LINEは「世界から猫が消えたなら」の宣伝で始めものです」「6年近く前からある」といきなり指摘。

 また、佐藤のファン交流を考える中で交流アプリ「SUGAR」に触れられておらず「にわか」との声が多数だ。またヒットドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)が2019年放送(本当は2020年)となっていたり、中国のアプリ「weibo」をやっているとあるが、本人はやっていないのではないかという声もある。

 大人気俳優だけに記事内容へも厳しい意見も相次いでいるが「別の角度」でもバトルが……。

「一部では『カメラの有無による完全な二重人格が見える』『この人って、他人を利用し踏み台にしてるようにしか見えない』な度と厳しい意見が。さすがに言い過ぎですが……。