森七菜「本性」に衝撃…壮絶騒動の裏 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

森七菜「本性」に衝撃…壮絶騒動の裏と「白々しさ」とは

森七菜「本性」に衝撃…壮絶騒動の裏と「白々しさ」とは
socialfill

 人気若手女優の1人として活躍中の女優・森七菜。前所属事務所「アーブル」が公式サイトのタレント一覧から森を削除し、SNSも立ち消えたことで巻き起こった独立騒動が大きな話題に。そんな中ついに森が声明を発表し、さまざまなコメントが寄せられている。

 24日、芸能プロダクションのソニー・ミュージック・アーティスツ(SMA)は森と「エージェント業務提携」をすると発表。森は、SMAを通じて「この度はファンの皆様、関係者の皆様にご心配をおかけしてしまい申し訳ありません。感謝の気持ちを忘れず、皆様に笑顔を届けられるよう努力してまいりますので、引き続き応援頂ければ幸いです」とコメントした。

 ネットでは、今回の森のコメントをみて「感謝の気持ちを忘れずにって、それがあったらこの騒動になってないと思うが……」「感謝を忘れない人は契約期間中に移籍しません」など行動と発言が伴っていない、という手厳しい声が多く寄せられた。また、「森七菜のイメージを損なうし、勢いを止めかねない」など今までの活躍をせき止めてしまうようなイメージの悪化を危惧するコメントも見受けられた。

 そんな森といえば素朴でクリーンな印象が人気の理由でもあった。「ゴタゴタで自分の都合で事務所を移ったと捉えられるか、前事務所のフォローが悪くて今後を考え移籍がベストだったとみるか」とコメントにも寄せられた通り、森とSMAの声明だけでは彼女の不義理を勘ぐるファンも多い。前所属事務所から何らかの声明が出ない限り泥沼化は避けられないかもしれない。