工藤静香「Koki,米国へ」日本では話題にならない | Social Fill
カルチャースポーツ社会

工藤静香「Koki,米国へ」日本では話題にならないから…?

工藤静香「Koki,米国へ」日本では話題にならないから…?
socialfill

 1月25日に「日刊ゲンダイDIGITAL」(講談社)が、木村拓哉工藤静香の次女・Koki,の動向について報じた。

 同サイトによると、2月5日に18歳の誕生日を迎えるKoki。工藤とは「モデルとして世界を舞台に活躍する」というコンセンサスができあがっているようだ。しかし、“キムタクの娘”という看板が世界で通用せず、モデルとしてのポテンシャルも低いKokiはオーディションに合格できないのでは?との見方もある。コロナでファッション業界も厳しい昨今では、茨の道だろうと綴った。

 この記事に対してネットでも「日本でも活躍しているかわからない」「身長170cmじゃ通用しないな」「世界で活躍するって、どこからその自信があるのだろう」など、痛烈なコメントが寄せられた。また、「様々な報道されるから、日本に居づらいだけではないか」「ただの留学だけでは聞こえが悪いから、世界的なモデルに挑戦にしたのかな」「話題作りで記事作りを頼んだのでは?」など、様々な憶測も飛び交った。

 極めつけは「どんな活動しようと勝手にどうぞ」「この2人の動向はどうでもいい」と“そもそも興味がない”という意見だ。中には「世界に出てくれたらキムタクの迷惑にならないから頑張ってくれてもいい」「キムタクが活動しやすい」と、木村のためのKokiへのエールも。