セクゾ松島聡「完全復活の裏」仕事引く手あまた | Social Fill
カルチャースポーツ社会

セクゾ松島聡「完全復活の裏」仕事引く手あまたのワケ

セクゾ松島聡「完全復活の裏」仕事引く手あまたのワケ
socialfill

 Sexy Zone松島聡の復活劇が止まらない。

 昨年8月から1年9カ月ぶりに活動再開を果たしたSexy Zoneの松島が飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を博している。活動を待ちわびていたファンの間で“復活特需”が起こっているようだ。

 1月15日、松島が女性ファッション&ビューティー誌「bis(ビス)」(光文社)3月号増刊の表紙を飾ることが発表されると、各ネット書店で即予約完売する事態に。発売前にもかかわらず追加で増刷が決定した。

 女性ファッション誌で自身初の表紙を飾った松島は「衣装もみんなタイプだったし、僕の好きな世界観でした!」と楽しんで撮影に臨んだ様子をコメント。同号のテーマ「LOVE」について、Sexy Zoneのメンバーや犬ビスケットへの愛を語ったインタビューも掲載されている。

 ネットには「松島聡さんカバーおめでとうございます」と松島の活躍を祝福するほか、「休養したことでさらに輝いた気がする」「芸能人だって無理せず休んでいい」「休養前よりかっこよくなった気がする、戻ってきてくれて本当にうれしい」など温かいコメントが溢れた。休養を経たことで、心の余裕が生まれ、のびのびと活動できている印象だ。ファンも1年9カ月の我慢があったからこそ「やっと応援できる!」と活動休止前よりも一層応援に熱が入っているのだろう。

 松島といえば、2018年からパニック障害により芸能活動を休止し、療養に専念。ジャニーズ事務所は彼の活動再開について「松島は療養期間を経たことにより、心身ともに回復してはいるものの、約1年9カ月仕事から離れていたことや回復している今の状態を大切にしたい」とコメントした。