» 木村拓哉工藤静香「Koki,海外進出」で知る“現実”って…
カルチャースポーツ社会

木村拓哉工藤静香「Koki,海外進出」で知る“現実”って…

木村拓哉工藤静香「Koki,海外進出」で知る“現実”って…
socialfill

 世界デビュー挑戦報道も冷ややか。世間からはまずは「母離れ優先」の声。

 25日、木村拓哉(48)と工藤静香(50)の次女Koki,が本格的な世界デビューを視野に入れ移住するのでは、と日刊ゲンダイDIGITALが報じた。

 2月5日に18歳の誕生日を迎えるKoki,だが、今後の活動の方向性を定める時期に差し掛かっているとし、国際的なモデルを目指すのであれば海外への長期滞在は必須。

 コロナ収束を待って、母親である工藤と二人で移住することになるのではと記事は伝えている。

 この報道に対し、ネット上の声は「挑戦するのは悪いことではない」「目標がある事は良い事」「納得いくまでやってみたら良い」「挑戦するのは自由」と海外挑戦する姿勢には共感のコメント。

 しかし、「現実を知るのは大切なこと」「そんなに甘い世界じゃない」「プロのモデルの厳しい洗礼を浴びる」と挑戦はともかく成功は別問題としてバッサリ。

 過去には、シャネルのクルーズコレクションでのランウェイデビューを酷評されたこともあるKoki,。