» 堀江貴文、都知事選出馬の「目的」「メリット」に驚愕…「試合に負けて勝負に勝つ」戦法?
Uncategorizedカルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • 社会
  • 堀江貴文、都知事選出馬の「目的」「メリット」に驚愕…「試合に負けて勝負に勝つ」戦法?

堀江貴文、都知事選出馬の「目的」「メリット」に驚愕…「試合に負けて勝負に勝つ」戦法?

堀江貴文、都知事選出馬の「目的」「メリット」に驚愕…「試合に負けて勝負に勝つ」戦法?
photoAC

 にわかに持ち上がった、実業家の堀江貴文氏の「東京都知事選出馬」情報。

 6月18日の告示が近づいてきているが、小池百合子現都知事の「対抗馬」として、堀江氏の名前が。都知事選がまさかの「ホリエモン祭」になる可能性が叫ばれている。

 仮に本当に出馬となった場合、小池都知事との構図はわかりやすく「自粛VS反自粛」。新型コロナウイルス問題で小池都知事は常々「自粛」を要請。対する堀江氏は「過度な自粛」には極めて敵対的で、経済を回すことの重要性をSNSなどで発言し続け、たびたび物議を醸している。

 小池都知事はといえば、堀江氏の出馬可能性について質問を受けると「とくにございませんけれど、まあ賑やかなこと」と発言したとか。それに対し堀江氏はTwitterで「コロナ危機利用してるから余裕だな」と反撃。すでに火花バチバチである。

ホリエモンも否定せず、マジである

「明言はいまだせず、するとしても告示直前になりそうですが、堀江さんは明確に否定はしていません。もしかしたら本当に出馬、するのかもしれません。2005年以来の政界挑戦になるのでしょうか。

すでに『NHKから国民を守る党』の立花孝志さんとの交流がある堀江さん、同党の支援を受けるという情報も『スポーツ報知』が出しています。

その知名度や思想は、単なる『イロモノ』とはいえないレベルではあります。都知事選に風雲急を告げる存在になるかもしれません」(報道記者)

 堀江氏と立花氏は「ホリエモンチャンネル」で対談もしており、彼らなりの「選挙戦略」もすでに披露している。立花氏は、過去に堀江氏が世間を騒がせていた時期に「彼は正しいことをいってる」「いずれは一緒に日本を変えることをするんだ」と思っていたという。