» 石田純一「石原さとみとの違い」会食謝罪動画はYouTubeのため
カルチャースポーツ社会

石田純一「石原さとみとの違い」会食謝罪動画はYouTubeのため

石田純一「石原さとみとの違い」会食謝罪動画はYouTubeのため
socialfill

 論点ズレた謝罪も不調なYouTubeチャンネルへのテコ入れか。

 21日、タレントの石田純一が自身のYouTubeチャンネルで生配信にて「週刊新潮」(新潮社)にてに報じられた大人数での会食を謝罪した。

「【緊急生配信】週刊新潮の記事について包み隠さずお話します」と題された同配信。

 報じられた内容に対し、「自粛している世の中で、また不快な思いをさせてしまって、ほんとに申し訳ありませんでした」と謝罪した石田。

 新型コロナ感染という、いわば当事者だった石田からの謝罪。

 これに対し「論点ズレてる」「不快な思いを与えたから謝るというのは適切ではない」「医療従事者に謝れ」「多くの人の命に関わることだ」など会食へ行った事ではなく、世間へ不快感を与えたとする謝罪をした石田を猛非難。

 加えて「学習能力がなさすぎる」「以前の謝罪は何だったの」「少しは我慢できないの」「謝罪するくらいなら最初からするな」「写真取られなければ謝罪も反省もしないんでしょ」など、こうした行動を繰り返す石田から反省は感じられないとする声も。先日、女優の石原さとみも複数人の会食がスクープされたが、何度もやらかしている石田ほど炎上はしていない。

「人気のないYouTubeの話題作りでしょ」
「YouTubeの収入を狙っての言葉だけの謝罪」
「YouTubeで生配信とは、視聴者数狙いですよね」