» 三浦春馬「安易な修正」毎日新聞訃報の驚愕変化にファンも…
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「安易な修正」毎日新聞訃報の驚愕変化にファンも…

三浦春馬「安易修正」毎日新聞訃報の驚愕変化にファンも…
socialfill

 昨年7月に突然の死が報じられ、18日で半年が経過した俳優の三浦春馬さん。

 生涯最初の主演映画『森の学校』と最後の主演映画『天外者』が、現在ともに公開中で大きな注目を集めている。

 そんな三浦さんの訃報の扱いについて、先日「毎日新聞の紙面上の訃報欄では、他の著名人にはほとんど必ずある“略歴”がない」「WEB版においては訃報欄への掲載すらされていない」と話題になった。

 そして、このほど毎日新聞のWEB版にて動きがあったのだが……。

 「指摘の声がSNSで多く聞かれたことを受けてでしょうかね。

 WEB版の7月18日の個所に『俳優の三浦春馬さんが死亡 30歳 自殺か』という項目が挿入されていました。

 ただ、その挿入から数日経ちますが、いまだに特にお詫びや訂正などの発表はありません。

 また、芸能リポーターの井上公造氏が『単純なチェックミスだと思います。わざとなんか絶対しません。でも、あまりにも酷いです。訂正するべきです』と指摘していた毎日新聞紙面上の訃報欄に関しても、その後、お詫びや訂正がありませんし、しれっと三浦さんの略歴も追記したものを再掲するなんてこともありませんからね。