» 東京五輪中止に歓喜「電通と自民党のため」たかがスポーツとコロナ危機
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 東京五輪中止に歓喜「電通と自民党のため」たかがスポーツとコロナ危機

東京五輪中止に歓喜「電通と自民党のため」たかがスポーツとコロナ危機

東京五輪中止英報道に歓喜「電通と自民党だけやりたい」たかがスポーツとコロナ危機
socialfill

 英タイムズ紙が与党幹部の話として報じたところによると、日本政府は、新型コロナウイルス感染症流行のため東京五輪中止せざるを得ないと非公式に結論付けた、「Reuters」が報じている。

 日本における新型コロナウィルス感染増加を受け、現在政府は外国人の入国を原則禁止し、東京など主要都市に緊急事態宣言を再び発令している。

 同メディアによれば「日本政府は将来的な東京五輪開催の可能性を残した上で、今夏の五輪中止を発表することで面目を保つ道を模索している」とのこと。

 すでに国民の8割以上が「五輪は中止でいい」という世論調査も出ており、ワクチンもいつになるやらという状況ではこうした「中止記事」が出るのも仕方がないだろう。橋本聖子五輪相はこの報道に「そういう報道があったことは承知しておりません」とした。

「五輪をやりたいのは自民党と電通だけ」というのは最近よく語られるところだ。電通は先日本社ビルの「数千億円で売却検討」とも報じられ、すでに「五輪中止の損失を補填するための動きでは」との意見も出ている。