土屋太鳳「大学退学」不可避…両立やはりきつい? | Social Fill
カルチャースポーツ社会

土屋太鳳「大学退学」不可避…両立やはりきつい?

土屋太鳳「大学退学」不可避…両立やはりきつい?
socialfill

 2月5日から公開となる映画『哀愁しんでれら』の完成報告会に登壇した女優・土屋太鳳。普段の彼女とは異なる演技に注目が集まっているが、いまだ“大学生”の土屋に世間は少々あきれ気味なようだ。

『哀愁しんでれら』は、土屋演じる真面目で平凡な女性・福浦小春が、幸せなシンデレラストーリーを駆け上がった後、狂気の変貌を遂げて凶悪事件を巻き起こしてしまうサスペンス。裕福で優しい夫・大悟を演じた俳優の田中圭は「撮影前はフニャフニャしているのに、カメラが回るとビシッとする。そのギャップが凄い」と、完成報告会で土屋を絶賛した。

 ネットには「面白そうなストーリー。田中圭も土屋太鳳も、二人とも演技が上手いから、期待大」と公開を楽しみに待つ声や、「太鳳ちゃんの狂気的な演技、早くみたい!」「予告だけ見ましたが、土屋太鳳さんがいつもと違う雰囲気で本当すごい。楽しみです」と、土屋の演技に対する期待のコメントが寄せられた。

 そんな土屋は16日に、自身の公式Instagramに「感染対策に気を付けながら事務所の会議室を借りて大学の課題を」というコメントを添えて、画像をアップ。

 身体表現に関すると思われる課題に取り組む様子を公開した。この投稿に対しても「ほんとにカッコいい!」「課題無理せず踏ん張って下さいね!」とファンからの応援メッセージが多くみられた。