» 佐藤健ありき「払拭」上白石萌音ドラマ好調で「ブス評価」一蹴
カルチャースポーツ社会

佐藤健ありき「払拭」上白石萌音ドラマ好調で「ブス評価」一蹴

佐藤健ありき「払拭」上白石萌音ドラマ好調で「ブス評価」一蹴
socialfill

 上白石萌音さん主演のTBS系連続ドラマ『ボス恋』こと『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』第2話が19日に放送された。
 
 視聴率は11.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、12日放送の第1話で記録した11.4%に続いて高水準の数字を記録したことが20日に分かった。
 
 「『たけもね』の愛称で佐藤健さんと上白石さんに注目が集まった『恋つづ』こと『恋はつづくよどこまでも』以来の上白石さん主演のTBS火曜22時のドラマですが、非常に好調な出だしとなってますね。
 
 『恋つづ』は第1話が9.9%、第2話で10.5%でしたから、いずれも『ボス恋』が大きく上回っており、上白石さんは佐藤健さんがいなくても視聴率が稼げるということを証明していますね。

『恋つづ』が話題となった当時には『健くんのおかげで数字がいいんでしょ』『上白石萌音なんて、全然可愛くないし、健様が出てなかったら見てない』『ブスだからドSな佐藤健とのバランスがいいのでは』など、心ないコメントも一部では見られていましたが、そのような指摘が見当違いだったとも言えるのではないでしょうか」(メディア記者)
 
 “人並み”でいること、“人並み”の幸せがいかに尊いものであるかを教えてくれる『ボス恋』。