上白石萌音「浜辺美波と逆」ボス恋役柄 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

上白石萌音「浜辺美波と逆」ボス恋役柄が「伸びしろなし」?

上白石萌音「浜辺美波と逆」ボス恋役柄が「伸びしろなし」?
socialfill

 女優の上白石萌音が主演を務めるドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系)で、彼女が演じる新人アシスタント役が賛否を呼んでいる。

 同ドラマはファッション雑誌の編集部で上京したての新入社員が、ファッション雑誌の若手敏腕編集長に召使いのようにこきを使われながらも、仕事に奔走する物語だ。その敏腕編集長を演じるのが菜々緒だ。

 悪女を演じれば右に出るものはいないと言われるほどヒール役に定評があり、菜々緒の悪女っぷりにさっそく賞賛の声が相次いでいる。一方で、上白石演じる新人アシスタント・鈴木奈未に対して「はまり役じゃないのでは?」といった意見が寄せられている。

 ネットでは「どんどん垢抜けて綺麗になっていく設定にしては伸びしろが感じられない」「菜々緒と上白石の並びは可哀想だよ」など、上白石の配役に対して批判的な意見が多くみられた。また「浜辺美波をこのドラマのヒロインにして、上白石萌音を水10のヒロインにした方が良かった気がする」と現在放送中の『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系)に出演する浜辺美波と入れ替えを希望するファンまで。

 中には、「恋つづと全く同じパターン」「恋つづとだぶるわ」と言った意見も。佐藤健とともに主演を務めた大ヒットドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)で上白石は、佐藤演じる超ドSドクター"魔王"に振り回されるナース役を熱演した。『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』での既視感のある設定に対して、視聴者も新鮮味を感じられず、不満を抱いているのかもしれない。