ラブリ「わいせつ送検」弟白濱亜嵐もショック | Social Fill
カルチャースポーツ社会

ラブリ「わいせつ送検」弟白濱亜嵐もショック…社会派なのに

ラブリ「わいせつ送検」弟白濱亜嵐もショック…社会派なのに
socialfill

 妊婦に寄り添うコメント発信直前のまさかの騒動だ。

 SNSで動物愛護活動や選挙への投票呼びかけを発信するなど、社会派のイメージも強いタレントのラブリ(31)が、昨年3月に知人女性に対する強制わいせつの疑い書類送検されていたと「週刊文春」(文藝春秋)のweb版「文春オンライン」が報じた。

 21日発売の同紙には、19年5月にラブリから性的被害を受けたとし刑事告訴をしている女性が取材に応じており、旅行先の宿泊ホテルで飲み会をした後、先に部屋に戻って寝ていた被害女性をラブリが襲ったとする性被害の内容、事件後のラブリ側の対応などを語っているという。

 自身のインスタグラムで約50万人のフォロワーを持つラブリだが、先述したように社会派のイメージも強かったようで、この報道は一部ネット上で明らかになると、「適当な記事かと思ったら送検されてる」「衝撃的な記事」「かなり前の事が記事になっているのか」「事務所が隠し続けたって事?」など、記事自体に驚く声と共に、昨年3月に書類送検された事が、今になり明るみになった事にも疑問の声が。

「既婚者じゃなかった?」「事件後、入籍も出産もしてるの?」

 ラブリの所属事務所は取材に「対応は弁護士に任せている」とし、担当弁護士は「犯罪に当たる行為はなかった」と主張しているというが、女性同士とはいえ強制わいせつのイメージは拭い去れないだろう。弟であるEXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐にも大きなトバッチリといえる。