» 三浦春馬「アミューズと和解」ファン納得の“方法”とSNS変化
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「アミューズと和解」ファン納得の“方法”とSNS変化

三浦春馬「アミューズと和解」ファン納得の“方法”とSNS変化
socialfill

 昨年7月にこの世を去った、俳優の三浦春馬さん。

 いまだ多くのファンがその死を悼んでおり、出演する作品や過去の映画・ドラマへの注目度は高い。

 無論、すでに半年を経過し、一つの話題としてはある程度は落ち着いてもいい頃合いなのだが、三浦さんに関してはそんなことはない様子だ。

 すべてはあまりにも唐突すぎる死であったこと、亡くなった7月18日の「時系列」に関し、所属事務所アミューズの対応に疑問や矛盾を感じ、一部ファンの声が大きくなっていることがあげられる。

 とはいえ、大多数のファンは三浦さんを静かに偲びたい、と考えているのかもしれない。

「以前はSNSで過激かつデマ・憶測が強すぎる内容が出回っていましたが、最近はずいぶんと収まってきました。出来事に便乗する愉快犯的な人物もいましたが、半年経ってそうした不必要な疑惑や煽りは減少したように思います。