» 久慈暁子「結婚間近」めざましメインならずも勝ち組な理由
カルチャースポーツ社会

久慈暁子「結婚間近」めざましメインならずも勝ち組な理由

久慈暁子「結婚間近」めざましメインならずも勝ち組な理由
socialfill

 結婚間近と報道も仕事では後輩に遅れ。それでも結局は勝ち組か。

めざましどようび」(フジテレビ)のメインキャスターを務める久慈暁子アナが結婚間近なのではと雑誌「FLASH」(光文社)が報じた。

 詳しくは同紙をご覧いただきたいが、2019年5月に熱愛が報じられた東京ヤクルトスワローズの原樹理投手(27)と「近く結婚すると聞いている」と球界関係者のコメントを紹介。

 お相手の原投手への直撃取材では「何も話せないんです」と明確な回答は得られなかったようだが、否定もしなかったとしている。

「メインキャスター就任で、結婚間近の報道なら公私共に順調アピールだったのに」

 ネット上には、「めざましテレビ」のメインキャスターを卒業する永島優美アナ(29)の後任を、久慈アナの1年後輩にあたる井上清華アナ(25)が勝ち取った事を引き合いにしたコメントが出るなど、公私ともに充実アピールとはいかなかった久慈アナ。

 井上アナ(25)にめざましテレビのメインキャスター就任の報道が流れた際は、「久慈アナには荷が重かったから」「かわいいだけの人」「アナウンサーのアナウンス力ではない」など、アナウンサーとしての力量不足を批判する声が溢れるなど、入社時にはポスト・カトパンとして、フジテレビ期待を背負った久慈アナも現在の状況を見る限り、フジテレビの期待に応えているとは言い難い。