» 三浦春馬&竹内結子「出演」コンフィデンスマンJP新作の中身
カルチャースポーツ社会

三浦春馬&竹内結子「出演」コンフィデンスマンJP新作の中身

三浦春馬&竹内結子「出演」コンフィデンスマンJPの中身
socialfill

 18日配信の「女性自身」(光文社)が、昨年7月18日に急逝した三浦春馬さん、昨年9月27日に急逝した竹内結子さんの遺作映画としても注目された映画『コンフィデンスマンJP』シリーズ(配給:東宝)について「新作ロケは海外で!最有力はマルタ島」との記事を公開した。
 
 シリーズ第1弾の『-ロマンス編』、第2弾の『-プリンセス編』と続けてヒットを飛ばし、特に『-プリンセス編』では興行収入30億円超の大ヒットとなったこと、『 -プリンセス編』の公開直前には三浦さんが、それから2ヶ月後でまだ『-プリンセス編』が公開中のタイミングで竹内さんがそれぞれ亡くなったこと、第3弾の『-英雄編』に亡くなった2人も出演予定だったこと、2人の逝去により『-英雄編』の脚本にも変更が出たことなどが記事には綴られているのだが……。

「主役級キャストとして考えられていた三浦春馬さんと竹内結子さんが相次いで急逝したこととコロナ禍も相まって、これまで撮影開始時期やロケ地など不透明な要素が多かったんですが、今回の『女性自身』さんの記事では、今春からクランクイン予定で、直前のPCR検査陰性証明書があれば入国可能なマレーシアのマルタ島でのロケが有力と記されていますね。
 
一時は、お2人との突然の別れに大きなショックを受けている長澤まさみさんが、続編の撮影にあまり気が向いていないという話もありましたが、今回の記事では『撮影に前向き』になってきたと言われていますので、いよいよ動き出しそうです。