嵐松本潤「NHK大河」三浦春馬想起 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

嵐松本潤「NHK大河」三浦春馬想起…家康&脚本?

嵐松本潤「NHK大河」三浦春馬想起…家康&脚本?
socialfill

 2023年のNHK大河ドラマの主演を松本潤さんが務めることが1月19日、分かった。

 ドラマのタイトルは『どうする家康』。脚本は『リーガルハイ』『コンフィデンスマンJP』の古沢良太氏だ。

 タイトルも脚本も、これまでの大河ドラマとは異なる雰囲気だ。昨年末で活動休止になった嵐の松本が主演の徳川家康ということで、大きな注目を集めている。

 松本は「初めに聞いた時はビックリしました。自分に大河のオファーが!? しかも誰もが知っている、あの家康を!? 脚本が僕も大好きな古沢良太さん!! しかし、うれしかったのと同時に、大きな不安も感じました」「初めにこの話を聞いたのは昨年の11月」で、嵐として2020年いっぱいまでは走り切りたいと思ってた僕は、これだけの大きなことを決めることはできないと思い、結論を待っていただきました」などとコメントしている。

 世間からは「実力のある俳優に大河の主役をやらせてほしい」「大河の主役俳優がどんどん軽量級になっていく」「大河の主役は本格的な実力派俳優に演じて頂きたいなというのが本音です」など厳しい意見もあるが、松本のプロ意識の高さはよく知られたところ。期待したいが……。

 親交の深い「アノ俳優」を思い出す声もあった。