三浦春馬さん「情報統制」急逝半年、正当なもので… | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬さん「情報統制」急逝半年、正当なもので…

三浦春馬さん「情報統制」正当なものもあれば…
socialfill

 14日配信の「デイリー新潮」(新潮社)が「『氷川きよし』の衣装問題、『五木ひろし』の“卒業” 『紅白歌合戦』知られざる舞台裏」とのタイトルで、昨年末に行われた紅白歌合戦の裏話を報じた。

 記事には、紅白歌合戦が史上初の無観客での開催となったこと、第2部では前年より3ポイントアップの40.3%の視聴率を記録したこと、コントや応援合戦などの歌以外の演出が減ったことにより「純粋に歌番組としての面白さが際立って」いたと評価する声があることなどが綴られているのだが……。

「例年とは異なり、取材陣の入場も制限されたことで、記者に対する『情報統制』を徹底することができたとも書かれていますね。
 
その結果『JUJUには番組で共演していた三浦春馬についての質問がNG。初出場NiziUのリマには父で不倫報道もあったラッパーのZeebraにまつわる質問はNG』という指示もしっかりと守られたとか。

ただ、そもそもJUJUさんは自身の『歌手という立場』で紅白に出場していたわけで、三浦さんが亡くなるまでNHKの『せかほし』でともにMCを務めていたことと紅白は何ら関係ないですからね。

JUJUさんの気持ちに配慮しての質問NGも分からなくもないですが、NGが出ていなくとも取材陣にはそのあたりを聞くような方はいなかったと思いたいです」(メディア記者)