滝沢秀明「クビ切り」ジャニーズJr.22歳迄 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

滝沢秀明「クビ切り」ジャニーズJr.22歳迄でも世間の反応は

滝沢秀明「クビ切り」ジャニーズJr.22歳迄でも世間の反応は
socialfill

 事実上のリストラ指摘も、抜け道アリ?それでも「意外に良い制度」と世間から好評の声。

 16日、ジャニーズ事務所が公式サイトで、ジャニーズJr.に22歳での活動終了制度を導入すると発表した。

 23年3月31日から適用されるという同制度、「アイドル・タレントとしてデビューを目指すことが大前提であるという基本に改めて立ち返る」とし、「個人の適切な進路決定の確保といった観点から、一定の年齢制限を設けることといたしました」と制度導入の経緯を説明。

 満22歳到達以降の活動に関してはジャニーズ事務所との合意が必要である事と、「適用開始日に22歳以上のメンバーが所属するグループ及び一部の個人につきましては、すでにジャニーズJr.としての活動継続について弊社と合意させていただいております」と既に合意したJr.がいる事も明かしている。

 この報道を知ったネット上の声は、「事実上のクビ切り制度」「不良債権の処理」「問題行動起こして事務所に迷惑をかける中途半端な人達が多いから」「リストラみたい」など、事実上のリストラではと指摘する声も。

 ただ、それ以上に「良心的な制度だと思う」「事務所としての親心」「こういう事も大事だと思う」「22歳なら、まだ他の道にいくらでも行ける」「他の選択肢が増えるのは良いこと」など、この制度に対して好意的な意見が多かった。

「滝沢社長頑張ってる」「タッキー中々の豪腕」