『おもいで写眞』誤爆で評判ガタ落ち | Social Fill
カルチャースポーツ社会

『おもいで写眞』誤爆で評判ガタ落ち…演技派多数出演なのに

『おもいで写眞』誤爆で評判ガタ落ち…演技派多数出演なのに
socialfill

 1月13日、映画おもいで写眞』の完成報告会が行われたが、同日にYouTubeに投稿した予告編でスタッフが不手際を起こし問題となっている。

 芸能事務所・テンカラット設立25周年を記念に企画された同映画。コロナ禍の影響で完成報告会はオンライン配信となったが、主演の元乃木坂46・深川麻衣をはじめ、高良健吾や香里奈が参加した。イベントはお祝いムードで終わったが、その裏で問題が起きていた。

 公式YouTubeサイトに予告編がアップされたのだが、その公式サイトには謎の動画が多数残っていたのだ。その問題に気付いたのか、その後別のURLに公式サイトが開設され、「URL変更のお知らせ」という動画と共に再アップされた。

 この問題に対して、ネットでは「また不正アクセスされたのか」「ミスが多いな」「中の人大丈夫か」など、9日の公式Twitterでの騒動に加えての今回のミスに、批判のコメントが集った。

 前回の騒動では、女優・荒濱更紗の男女の問題を過激な内容でツイートし、スタッフの誤爆とも思えるような問題が起きた。この時、「不正ログインされ、なりすましでツイートされた」と弁明しているが、ジャニーズ関係のツイートへのいいねや、荒濱が姿を消したことから、「ただの誤爆ではないか?」という見方がある。