三浦春馬「年賀状の謎」自死から遠すぎな「メッセージ」 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「年賀状の謎」自死から遠すぎな「メッセージ」とは

三浦春馬「年賀状の謎」自死から遠すぎな「メッセージ」とは
socialfill

 昨年7月にこの世を去った三浦春馬さんの存在は、いまだ大きくなる一方のようだ。

 三浦さんが亡くなって以降約半年が経過しようとしているが、いまだファンの「なぜ亡くなってしまったのか」という疑問の声は決して消えず、いまだ悲しみの只中にある。

 所属事務所アミューズの死去後の対応に疑問があるからか「会見を」という声も後を絶たない。現状そうした動きはない状況だ。それだけに、ファンの鬱屈した想いはより強くなっているといえる。

 死の前日まで出演していたドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)と真面目に向き合っていたという情報ある三浦さん。その翌日に唐突に亡くなったことで、共演の松岡茉優らのショックは相当なものだったようだ。

 亡くなった理由についてはさまざまな意見があり、両親との複雑な関係、ストイックすぎる性格、コロナ禍なども理由に出たが、極めてプライベートなことであり、本人にしか本当のことはわからない。

 ただ、やはり「不可解」な要素は散りばめられている。

「亡くなる直前も仕事に打ち込んでいたのもそうですが、兆候がまるでなかったのは事実でしょう。