» ワンピース「卑猥海賊版」露呈の大炎上とネタ祭り
カルチャースポーツ社会

ワンピース「卑猥海賊版」露呈の大炎上とネタ祭り

ワンピース「卑猥海賊版」露呈の大炎上とネタ祭り
social fill

週刊少年ジャンプ」(集英社)の大人気漫画「ONEPICE」の1000話到達記念企画として、集英社のONEPICE担当スタッフがYouTubeにて生配信を行ったが、そこで起きた事故にファンは怒っているようだ。

 1月8日に行われた同動画の配信中に、担当編集のスマートフォンの画面を取り込み、インターネット履歴が開示する事故が起きた。そして問題となったのが、卑猥な漫画サイトを閲覧した履歴が映ってしまったこと。そのサイトは違法のサイト「海賊版」となっており、海賊版サイトの撲滅に尽力している集英社にとっては、ありえない行為だ。

 ネットでは「出版社の社員がやってはいけない」「これはアウト」「担当から外れてほしい」など、批判の声が寄せられた。さらに、「海賊漫画の覇権を握った」「海賊版王」「船を降りろ」といった、ONEPICEにまつわるネタでイジるなど大炎上している。

 同動画は、配信のアーカイブを残す予定だったようだが、公式Twitterは「アーカイブ処理に少し時間がかかってるので動画はちょっと待って」とツイート。するとネットから「証拠隠滅か」「そんなに時間かからない」「言い訳を考えているんだろう」など疑う声が上がった。