» 真木よう子に辛辣な声『青のSP』演技批判のワケは
Uncategorizedカルチャースポーツ社会

真木よう子に辛辣な声『青のSP』演技批判のワケは

 真木と言えば、「コミケ騒動」での炎上が記憶に新しい。真木は2017年12月に開催された「コミケ」に出店し、自身のフォトマガジンや撮りおろしカレンダーを販売する予定だった。

 それにともない、経費800万円の支援をクラウドファンディングサイト「campfire」で募ったが、コミケの主旨である「マンガ・アニメ・ゲームその他周辺ジャンルの自費出版の展示即売会」にそぐわないことから批判が殺到。

 一時炎上状態となり、真木は自身のフェイスブックを通じて謝罪コメントを発表した。

 この一件から、世間からの真木に対する世間の風当たりが強くなってしまったのかもしれない。『青のSP』でどのような演技を見せるのか、今後も浅村役演じる真木に注目が集まる。