木村拓哉「HEROダウン」Koki,着用で批判 | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 木村拓哉「HEROダウン」Koki,着用で批判…工藤静香ら家族でファン逆なで

木村拓哉「HEROダウン」Koki,着用で批判…工藤静香ら家族でファン逆なで

木村拓哉「HEROダウン」Koki,着用で批判…家族でファン逆なで
socialfill

 今度は娘がHERO久利生匂わせでファンは思い出を傷つけないでと悲鳴。

 昨年末の工藤静香に続き、今度は娘Koki,がファンの気持ちを逆なでしてしまったようだ。

 10日、ストーリーズを更新し、女性ファッション誌の撮影だったことを明かしたKoki。

 その公開したストーリーズ内で、ドラマ「HERO」で父、木村拓哉が演じた検察官・久利生公平のダウンとして有名なキャメルカラーのダウンジャケット姿を披露。

「匂わせどころか、露骨」

 実はこのダウン、昨年末に工藤静香がインスタグラム内で着用した画像を公開し、「HEROのイメージが損なわれる」「匂わせどころか、露骨」「SNSにわざわざあげる感覚が悪趣味」など、あからさまなアピールとしてネット上で賛否があったダウンジャケット。

 今回は娘Koki,がそのダウンを着用し、SNSに載せた訳だが、「SMAPの木村拓哉を心から応援してた人の思い出を少しずつ傷つけてく」「そこまでして木村拓哉の娘をアピールしたいのか」「SMAPファンを逆撫でしてる」「あのドラマ好きだったけど、本当に残念無念」など、やはり当時SMAPの木村拓哉を応援していたファンからすると複雑な様子。